• HOME
  • 記事
  • コロナなんかに負けない!家計見直し術 ~住宅ローン編~

コロナなんかに負けない!家計見直し術 ~住宅ローン編~

コロナなんかに負けない!家計見直し術 ~住宅ローン編~
記事

特集「コロナなんかに負けない!家計見直し術」では、シリーズコラムとしてコロナの不況の中でも皆様のお役に立てる、家計の見直し術を伝授していきます。ぜひ、継続的にご愛読いただければと思います。

第二回は、毎月の支出で大きな割合を占める「住宅ローン編」です。夢のマイホームが重荷にならないように、この見直術が皆様のお役に立てればと思います。

住宅ローンの支払いが厳しいなら金融機関に相談を!

コロナウィルスの影響で仕事が減り、収入がすでに減ってしまった人や、これから影響のある人は多くいるのではないでしょうか?

そうなると、毎月の住宅ローンは重荷になり、支払いが滞ってしまう可能性があります。
そんなときどうしようと悩んだ結果、支払期限が過ぎてしまい滞納となってしまう人もいるのではないでしょうか?

滞納すると優遇されていた金利も使えなくなってしまい、返済額がアップしてしまいかねません。
また、借金は基本一括返済がルールですが、契約により分割払いで貸してくれるのが住宅ローンです。
数か月支払いがないと契約違反となり、一括返済を強いられるということになるのですが、それは不可能のため、銀行はその債権を債権回収業者に売ってしまうのです。

もちろん、借りたお金が返せないわけですから、最終的には競売にかけられてしまうことになります。
もしかしたら、自己破産なんてことにもなりかねません。

そんな怖いことにならないように、支払いが厳しいと思ったらすぐに、借り入れをしている金融機関に相談をしてほしいと思います。

実は、金融機関は親身になって、支払方法の変更など、いろいろな提案をしてくれる事も多いのです。

コロナにより世の中の状況が悪い今は特に、積極的に相談にのってくれること間違いありません。

住宅ローンの見直しで月々の返済額を軽減(固定金利の人)

全期間固定金利で住宅ローンを組んでいる人は、月々の返済額を変動金利で組んだ人より多く支払っていることがほとんどです。

もちろんそれは承知の上で、固定金利を選んだのだと思います。なぜなら、ローンの残債が変わることがないため金利上昇で支払いがアップする恐れがないからでしょう。

しかし、月々の返済が厳しいと感じるのであれば、変動金利に借り換えてもいいのかもしれません。

なぜなら、そもそも今ローンが払えなくなっては大切な家も家族も守れないからです。

適用されている固定金利と現在の変動金利の差が大きければ、月々の支払いは軽減されます。場合によっては1万円も差が出ることもあります。

ただし見直しには経費がかかりますから、経費も踏まえて、メリット・デメリットの判断は必要です。

住宅ローンの見直しで月々の返済額を軽減(変動金利の人)

変動金利の基準金利は2009年から銀行の店頭の基準金利は2.475%と変わっていません。
しかし、実際変動金利で借りている人はもっと低い金利で借りています。

なぜなら、借りるときに優遇金利という特別な措置が受けられます。
基準金利から金利優遇幅が決められ、契約時から借りている期間はずっと続くのです。

もし、金利優遇幅が1.85%だとすると基準金利の2.475%から優遇幅の1.85%が引かれ、0.625%の金利で貸し出されるのです。
この優遇幅の1・85%が変動金利の場合、借入期間ずっと変わらず適用されるのです。

変動金利は基準金利が変わることで変動しますが、10年来変わっていないので変動していません。しかし、優遇幅は10年前より大きくなっているため、同じ変動金利であっても、今借りる人の方が金利が低いという事になります。現在の優遇幅を使って月々の返済を額を減らしたいのであれば、借り換えをする必要があるのです。

契約の再確認を!

住宅ローンは長きにわたって支払います。

人生において一番大きな支出になり得ることを考えると、しっかり住宅ローンのルールについて再確認をする必要があります。

この、ルールが曖昧だと、あとあと思わぬ落とし穴が待っている事もあるのです。
改めて、住宅ローンの以下の2つの契約書の確認をしてみてください。

  • 金銭消費賃借契約書
  • 抵当権設定契約書

場合によっては早めの見直しが必要になることもあります。

もし、見ても良くわからないというのであれば、住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

最後に

まだまだ、これから起こるコロナの影響により家計にも様々な影響があると思います。
その打撃を乗り越えるために、住宅ローンの再確認は重要です。

まずは、住宅ローンの返済計画書をファイナンシャルプランナーに見てもらうことで借り換えすべきか、借り換えの効果がどのくらいあるか確認してみましょう。

廣木智代

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。